ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

2019年5月の読書記録



 ポリエです。

 5月に読んだ本の記録。






 予想外の展開でした。





 読んですぐに、家計の計算をしました。









 ストーカーの話。

 ストーカーをする側とされる側が交互に描かれ、食い入るように読みました。




 いやあ、これほんと素晴らしかったです。

 朝井リョウさんはエッセイばかりこれまで読んできましたが、

 文章が違う…非常に滞りなく読めるきれいな日本語、

 そして日常の日本語使いなのであろうと思いました。

 内容についても、若い著者ならではの、

 自分とは何か、自分と他人との差は何かに悩む姿が深く掘り下げられ、

 若者にありがちと思わされながらも、老若男女共通の悩み何だろうなあと思わせる

 とても興味深い内容となっていました。

 発行元の中央公論新社が仕掛けたテーマも非常にうまく取り入れられ、

 とにもかくにも大絶賛!

 面白かった!

 










 以上、12冊でした。
広告はじめますた。