ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

圧力をかけられたが屈することはなかった、しかしモヤッとする



 ポリエです。


 コンビニのマルチコピー機でネットプリントしていた時のこと。

 横から視線を感じ、ちらっと見ると、

 1メートルも離れていないところから、こちらを凝視する男性が。


 知的障がいか、精神疾患があるなとピンときた私。

 そういった方にやたら話しかけられる私は、

 今回もそれだなと思い、特にこちらからは何もせず淡々と操作していました。


 すると、その男性がコピー機に手を掛け、寄りかかり始め、

 私との距離を約30センチに縮めてきた!

 ち、近い…


 どうやらコピー機を使いたいらしい。

 圧力をかけている。


 しかし、あと2枚プリントしたい私は無視。


 そしたら、少しして去っていった。(勝った…)


 そんなに待てないってなにさ!

 全部で四枚、3分も占領していないわさ!!

 
 あと少し待ってくださいとか、言ったら違ったのだろうか??

 コミュニケーションって難しい… 
  
広告はじめますた。