ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

アスパラくん2014(8月の最終)

まいど、気づかないうちに2月が終わってたステルです。
2月は逃げるって、どこに逃げちゃったの。。。



2014年8月11日、変化ないねー。
次々枯れていくようなこともなくひと安心だけど、成長が止まった感がありますな。



2014年8月22日、変わらないねー。
大きくならないねー、夏まっさかりなのに…。

まぁね、俺も暑いの苦手だしね。
20140822a.jpg
まぁ、寒いのも同じくらい苦手だけどね。

同日、ワサワサ感は1年目よりもあるかなぁ!?
幹もひと回り大きくはなっているかぁ!!?
ただ、ふにゃふにゃ感は克服されないよねー。

20140822b.jpg
これで8月分は終わり。
うん、飽きちゃって写真撮らなくなったわけじゃないお。。。
そう…、分かってるって!?。。。

でも、……次回は???





先日嬉々として行ってきた、試写会はこちら!↓
 ※当然ネタバレありません


傍聴券
CM始まってますね。前編観てきましたよ~

原作は、宮部みゆき「ソロモンの偽証」。

新潮社より単行本3巻、文庫本6巻で出てますね。

私は単行本が出そろったところで、まとめて購入。

面白さゆえ、あの厚さをものともせず、

第三部まで一気に読み進め、

第三部の後半では、

ああ もう少しで読み終わってしまう、

もうこの登場人物たちに会えなくなってしまう、

と寂しくなるほど、思いっきり入れ込んで読みました。


で、そんな原作ファンの映画の感想ですが、



んもぉぉぉぉぉ・・・・・・・・・・・・・よかった!(ノД<。)゜。

まったく裏切られることなく、

涼子は涼子にしか見えず、

私の大好きな井上くんは井上くんでした。

小説からそのまま出てきたかのような…。


会場では、途中すすり泣きも聞こえ、息を呑んだり、

思わず吹いてしまう場面もあって、

観客(5,000人いたそうです)が、

この映画に圧倒されながら目を逸らさず観ていた気がします。


もう既に前評判で言われていることですが、

中学生役のこどもたちの演技が本当に素晴らしくて、

真摯とはこういった態度を言うのだなと

なんだか勉強になりました。


さて、

大絶賛なわけで、

後編はもちろん前編もまた観たいくらいの私なのですが、

原作を読んでから観るか、

原作を読まずに観るかの二択については、



お好きにどうぞ…としか(-_-)


ただ、強くオススメしたいのは、

映画を観るなら本も読んでほしいし、

本を読むなら映画も観てほしい。

そのほうがこの作品をより楽しめると思います。

小説も映画もとても丁寧なつくりでした。
(映画はまだ後編待機していますが…ただただ楽しみです!)


傍聴におすすめの裁判。

ぜひ、一緒に楽しみませんか~?(^o^)丿


ランキングに参加しています!
>banner1.gif
応援クリックお願いします。はやくアスパラ食べたいよ!



ポリエの言ってるのはこの本だそうですお。(アフィね↓)

文庫で全6巻の大作。(リンクは1巻目の上巻)
ええ、ステルは当然読んでません。
だってー、字が大量過ぎて。。。、やっぱり1ページに190字以上あると…。


当ブログ[ふたりのひとりごと]は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
広告はじめますた。