ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

ガラパゴス 上・下



       





 ポリエです。


 著者は「震える牛」の相場英雄さん。

 社会派の刑事ものは実社会に顧みるところがあってけっこう読むのが好きです。


 今回は、非正規雇用、派遣についてとハイブリッドカーは、本当にエコカーなのか?という2点。

 
 物語は身元不明のままとなっている死者のリストから殺人事件の痕跡を発見するところから始まります。

 日本中を飛び回り少しずつ少しずつ犯人そして真実に近づいていく様はもう途中で読むのをやめられず上下巻一気読みでした。


 刑事側の視点だけでなく、暗躍する刑事や車メーカーの社長の視点からも書かれているので話をより理解しやすくのめりこみやすい作りになっています。

 ラスト、警察トップが出てきたり政治家が出てきたりして根本的な部分での解決が図れず、それだけが残念でしたが、でもそんなものなのだろうとあきらめてしまう部分もあって(主人公ではなく、私にです。)、もしこの続編なり、続編ともとれるような話でそこまで切り込んでいってくれたら相当なカタルシスを得られるだろうなとちょっと期待しています。




ランキングに参加しています。
            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
応援クリックお願いします。

 
広告はじめますた。