ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

ランボー怒りの改新




 ポリエです。


 作家・森見登美彦氏が推薦されていたので、

 興味をそそられ読んでみました。


 短編4作品を収録。

 青春小説あり、おとぎ話あり…

 表題に至っては、

 大和朝廷とベトナム戦争の融合。

 もうわけわからないですよね。


 言葉遣いや文章の言い回しが独特で

 ユーモアに富み、

 読みながらニヤニヤしてしまいました。



 森見氏、仁木英之氏、万城目学氏を

 お好きな方は楽しめると思います。

 

 作品は、解説だったり途中の作品から読んだりせず、

 最初の「佐伯さんと男子たち1993」から順番に読み、

 最後に仁木さんの解説を読むことをお勧めします。


 次回作楽しみです!



ランキングに参加しています。
            にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
応援クリックお願いします。

広告はじめますた。