ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

感謝の心



ペンタブ壊れる。。。


ペンタブねだる・・・



ペンタブ買ってもらう




その後。。。。。。(今ココ!!)




感謝の気持ちは持続しない





1文にもならない絵でも書き味は大事
新バナー                   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
以下、嘆き節は続きます。






ステルの旧愛機であるBAMBOO CTH-670はもうかなりの旧型なので、使ってる人はあんまりいないのかもしれない。


まぁ、それでもIntuosのCTH-690をこれから買う人、乗り換える人にステルの使用感書いときます。

*(購入したのは、Intuos3D、CTH-690/K2です。)

*(以下全部2017年6月の情報でっせ。)





ワコムのペンタブが入門者向けのIntuosと、その名が示すプロ向けのIntuosProの2シリーズとなってしまいました。


そんなんで、Mサイズを買おうとすると、

Intuosで17000円くらい

Intuos Proで38000円くらい


2万円も違う!!

あわわ、ブクブク。。。






もちろん、値段分の性能が違うんです、・・・らしい。

2万円差が問題にならない人や、仕事で使う人は高みへ。


なんですけど、ステルみたいな貧乏人はIntuosしかないわけですお。

だって2台分なんですもの。。。




上intuos cth-690k2

下intuos cth-670
bambooとintuosの比較
本体サイズがまるで違いますな。


ほんでも読み取り部分はそんなに変化してないらしい。


確かにバンブー様と違和感をほぼ感じないです。


読み取り面の感触も!!




 ituosのfキー
ファンクションキーの場所が大きく違うです。


これファンクションキーに割り当ててた人はかなり戸惑うでしょうね。


本体の大きさが小さいんで、押すのがそこまでメンドイわけではないですが!ペンタブ使う姿勢って各々好みがあると思うんですよね。

まぁ、それを考慮しても奥側ってのはないかなぁ。



タッチ機能がハードでの制御になったのはステルには良かったです。

スイッチ切っとけば、指に反応することがなくなって、誤作動の心配がなくなりまうー。




やべ、さっきと順序が逆に( ^ω^)・・・。

上intuos cth-670のペン

下intuos cth-690k2のペン

 bambooとintuosの比較2
ステルにとっては、このペンの違いが一番大きいですね。


サイズが小さく、重さも小さくなったので、持ってる感が、かなり違います。


ステルは消しゴムボタンを使わないので、なくなったことは特に影響を受けないんですけど、軽い、軽すぎるぅー。


慣れ親しんだ人ほどしんどいです。


あ、もちろんペンに互換性ないです。


試してみましたよ、!無反応( ^ω^)・・・。



まぁ、慣れます、ステルはそんな気がするお!!







総評をまとめますと、乗り換えの違和感はペン!

たぶん、みんなそう・・・なはず。




今日の格言!!
貧乏人は筆をえらばず





        

左から、高い順。

右端はSサイズですから。

ソフト何もいらないから、この値段でMサイズがあればなぁ。。。


まぁ、液タブなんて、桁が違いますしね。。。



当ブログ[ふたりのひとりごと]は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

広告はじめますた。