ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

生活防衛システムⅡ

決戦精肉コーナー02書き出し用
こんなん書いていますけど、前回同様、恥は全然捨てられていません。
店員さんに「コイツ、また来やがった」と思われてるかと考えるとウヒャーおひゃほひゃ。

でも人は慣れる生きものなのです…。
もう、目が50%シールを自動追尾するようになっちゃったもんねーっ!…といきなり開き直る。

とはいえ、わんさか入ったカゴの中の商品がほとんど50%引きだった時には心がざわつきますし、店員さんが商品をレジに通す際に「半額です」を一点一点に挟み込むのを聞いていると、すみません…と恐れ入りながらも、恥ずかしさでいっぱいです。




いや、売ってるんだから買うでしょ!



これを無限自意識過剰ループと名付けます。
いつか気が向いたときにでも、この件については深く掘り下げて考えたいものです。




広告はじめますた。