ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

同じ花を見ているというのに…



 ポリエです。


 先日の散歩で撮った雪柳の下に、

 タンポポが咲いていました。

 蒲公英

 白いのは雪柳の花びらですね。

 タンポポの写真を撮っていたら、

 タンポポの綿毛が耳の中に入ると

 耳が聞こえなくなるという怖い話を思い出しました。

 実際にはそんなことはないそうですが、

 子どもの頃は信じてとても恐れておりました。

 懐かしい。

 スイカの種も食べたらお腹で育つと言われて

 びくびくしてたなあ・・・

 小心者過ぎる…:(´◦ω◦`): 

 




 日本蒲公英なのか

呼ばれず飛び出たステルです。


タンポポには日本の在来種と外来種であるセイヨウタンポポがあるって、子どもの頃に習って以来、タンポポを見るたびについついどちらなのかを確認してしまうよね?

そうでもない!?確認しようぜ。



ガクが反りかえってるか、そうでないかが見分け方だと思ってたけど、ガクじゃなくて総包片って言うみたいです。


詳しくは、とちぎふるさと学習様のセイヨウタンポポと二ホンタンポポのページが分かりやすいです。




それにしても、在来種は駆逐されたとばっかり思ってたら、そういうことでもないようで。


ウィキペディアによると、「かえって都市部で在来種が見られる場合もままある」ですってよ。



ウィキのとおりだとすると、ずっと思い違いですた。


なんだ、結構しぶといじゃーん。



交雑でさらに強靭なのが出てくるかもしれないですな。






で、これってば、日本在来種なのか!?!?

総包片反ってないように見えるけど。。。



日本古来のものは春にしか咲かないんだって。

古風だねぇ~。





ランキングに参加しています。
新バナー
応援クリックお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


広告はじめますた。