ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

アスパラくん2016(9月その1)

まいど、強いなぁ日経、とつぶやく今日も損したステルです。

いつものグミなら下がるはず、って損失回避で空売ったのが痛かった。。。

まぁ、でも他でもっと担がれてますけどね。






2016年9月1日、大きくなってくおー。

筋ばってるのが、なくなったわけじゃないんだけど、元気だね。




2016年9月2日、みるみる大きくなるとはまさにこのこと。
20160902a.jpg


同日、拡大図ね。
20160902b.jpg
これ、左側が今大きくなってる新芽で、右側がもともとある曲がっちゃった方。

分かりにくいかもだけど、幹の途中の出っ張りが右の方は枯れてますね。


この出っ張りはね、実は葉っぱらしい。

なんか「三角形のはかま」呼ばわりで、邪魔もの扱い・・・。


以前にも紹介したけれど、

「北海道日高振興局のアスパラガス立茎栽培マニュアル(PDF)」

によればね、

「鱗片葉」といって、葉が退化したもので、若茎を保護してるみたい。

何が退化してるって、葉緑素をもってないから、光合成ができないという悲しき存在。


この部分が枯れたからって、特に状態に影響はないように思ってたけど、やっぱり若いのと、オッサンでは違いがあるんだなぁーと気が付いた次第です。


同日、先端を拡大。
20160902c.jpg
まぁ、この部分は「鱗片葉」に覆われてなかったけれども、要はこういう若茎が出てくるまでの蓋ってことみたいですね。





2016年9月3日、とどまるところを知らずデカくなってます。
20160903.jpg
こうして広がっていって、葉みたいにワサワサになりますけど、全部が全部茎らしいです。

「擬葉」って言うんだって。

この茎に葉緑素があるんで、ここに日光を当てるといいわけですな。


いやぁ、勉強になります。(遅い)







 ポリエです。


 本日母から悲報が届きました。




 お母さん、花粉症始まったよ…

 と。
 

 私と母は毎年1月初旬くらいに

 なんとなく花粉を感じ始め、

 3月にピーク、

 4月中旬あたりにいつのまにか終わっている

 というパターン。


 そういや最近目尻がかゆいと思ったなあ…

 と返信したところ、

 お母さんもそうだった!!

 と。


 目尻かゆくてもまさか花粉症なんて思わなかったよ…

 うそでしょうそでしょ。

 まだはやい。゚(゚´Д`゚)゚。

 




オリはアレルギー性鼻炎です。

年がら年中です。
新バナー
でも、その期間の花粉症の人ほどひどくないのが救い・・・・・・なのか!?

広告はじめますた。