ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

アスパラくん2015(12月の最終)

まいど、金曜日以後あまりの地震の被害の甚大さに、認識の甘さを反省しきりなステルです。

こんなに大事になるとは、想像力がなかったですわー、orz。

余震ハンパないし、地震は恐いっす。。。



2015年12月13日、支えがないと立てない、アスパラくん。
20151213a.jpg オリも支えがないと立てないお。


同日、寒さには勝てず、どんどん黄色く枯れてます。
20151213b.jpgオリも寒さに勝てないお。




2015年12月19日、幹は緑色ですけど、末期色(まっ黄色)に。

えっ!?しつこいって、エヘヘ。
20151219a.jpg


同日、根元は相変わらず。
20151219b.jpg




2015年12月26日、幹はまだ緑色です。

やるな。
20151226.jpg
あ、これで2015年は終わりだ。。。

遂に、2016年へ…。







 ポリエです。

 さて!

 今回は職業訓練の書類提出から面接まで。

 書類は、

 なぜ、職業訓練に応募したか

 なぜ、この訓練希望なのか

 なぜ、前職を辞めたのか

 といったことを記入します。

 ここでしっかり考えをまとめて書いておくと

 のちの面接で困りませんよ。

 私は文章を何度も練り直したので、

 志望動機等、面接で聞かれそうなことは

 気づけば暗記せずとも

 すらすら言えるようになっており、

 実際の面接でも言葉に窮することはありませんでした。

 また一方で、ある程度、社会人をやっていると

 聞かれたことに対して

 その場で考えて話せたりするものですね。

 私はまったくと言っていいほど、

 そんな自分を信じていませんでしたので

 当日は家を出るまで、ドッキドキのそっわそわ。

 ステルには、

 落ちたところでこの世が終わるわけじゃあるまいし

 となだめられつつ出かけました。



 面接は1対3のグループ面接だったのですが、

 入校後、面接で一緒だった方に

 スラスラ話しててすごいと思ったんですよ~

 って言ってもらえました(V)o¥o(V)
 
 面接官に質問されたことは、

 ほとんど提出した書類に書いてあったこと、

 それに、学校として聞いておきたいこと、

 たとえば、何を一番勉強したいか、

 希望する就職先をざっくりとってな感じでした。

 いちばん印象深い質問は、

 「通いきれるか?」

 というものでした。

 学校に通い、勉強をする。

 学校では生徒ですが、

 家に帰れば家庭での役割があります。

 暮らしの中で何かが起きれば、

 勉強どころか通うことすら疎かになってしまう。

 自分のお金をかけていないことが、

 またそれを後押し?してしまう。
 
 そんなことが過去に何度かあったそうです。
 
 「大丈夫ですか?」

 という質問でした。

 久々に覚悟とまではいかずとも

 心意気を問われた気がしました。




被害に遭われた方々の健康を陰ながらお祈りします。
banner1.gif



広告はじめますた。