ふたりのひとりごと

ARTICLE PAGE

ブラック発動

良い話から( ^ω^)・・・。
愛用のカップを割ってしまい、
古参のマグを引っ張り出して使っていますが、
これが容量がジャスト!

ミルクティーの茶葉と牛乳の割合とか目分量なわけですけど、
以前は薄めで多めだったんだなあと気付きました。
たくさん飲みたいから大きめのカップ使ってましたが、
小さめカップで二杯飲むのもいいですね。
今回よい発見ができました。

 

さて、自分の裁量でできる片付けを
ほそぼそと進めています。
整理し使い切って処分するのは、私や子どものもの。
義母や夫のものはノータッチ。

が、しかーし、ある日、
私が整理し、
部屋にはもう無理でリビングに置いていたものを
奥の物置(当然カオス、ほこりまみれ)に
片付けるよう言われてしまった。

私は思う。
いや、順番違うよね?
なぜ、整理されたものを奥に追いやり、
数年間使わず埃かぶり、
これからもいつ使うんだか使わないんだか
大事にしているんだかしていないんだかもわからないものを
部屋に置いておく?
しかも、子どもが触ってしまったら、
汚いから触るな!って怒るってなに?
↑いちばんの気に障りポイント。
この親子はー(⌒-⌒; )
(どの親子とは言うまい)

これまでのモヤモヤも手伝い
もう私は夫のものに手を出すことにした。

部屋にある夫の服で、
少なく見積もっても10年は着ていない、
数年前に片付けを勧めたら、
いいからそこに置いておいてと言われ、
未だ放置されている服を、
今回片付けるよう言われたものと
場所を入れ替えることにした( *´艸`)けけけ。
つまり、私が整理したものを部屋に置き、
部屋に放置された夫のものをリビングへ。
邪魔なら、親子で片付けなさいな。
(どの親子とは言うまい。
大事なことなので2回言いましたよ)

やってみて、めっちゃスッキリ!

夫は「なんかやっているな?」程度には思っているようですが、
私が「捨てる」とうことはしないし、
移動したところで痛くもかゆくもないのです。
だって、彼にとってはあってないようなものだから。
「片づけなさい!」は、親子でやってね。



広告はじめますた。

0 Comments

Post a comment